FC2ブログ

エクリプス

マガモ♂エクリクスマガモ

浅野川大橋ちかくに地味なカモ。嘴は黄色です。あまり見かけない
種類です。調べてみたらマガモ。マガモの♂は緑色の頭に鮮やかな
模様ですが、繁殖期を終えると♀と同じような羽に変わるらしい。
渡りのころのカモ類のほとんどが羽の模様は♀化した状態。その状
態を“エクリプス”と呼び、♂♀の見分けが難しいそうです。

IMG_0538.jpg ♂生殖羽 2016.11.3

カモにとって冬は求愛の季節。氷が張るくらいの季節になると、生
殖羽とよばれる鮮やかな姿に戻るのだとか。
浅野川でマガモを見かけるのは冬。なので、エクリプスの姿を見る
ことができるのは、渡りの直後だけらしい。
スポンサーサイト

御参詣坂

御参詣坂

犀川縁の御参詣坂(法島町-平和町2丁目)について調べていたら、面白い本が見つかった。氏家栄太郎氏の『汲古雑録』(1940刊)。加賀藩の藩主や藩士が盂蘭盆(うらぼん)に野田山の前田家墓所などへ参拝に出かけたときの様子が描かれている。
墓所のあとは小立野の天徳院、宝円寺に向かう。御参詣坂を下りるのはいいが、犀川を渡らねばならない。橋は犀川大橋しかない時代、どうしたか。何艘もの舟をつないで臨時の仮橋とする。舟橋である。暑いさなか、揺れる舟橋をまず殿様が通り、少し遅れて家来が通る。「御目見」以上の平士だけでも1,400家。大混雑だったと思う。
Category: 壺中人

ブルーシート

12月16日スーパーボランティア

土曜日の夕方5時。薄暗くなった川の中でブルーシートをたたむ男のひと。
このひとは月に数回程度、川の中のごみを拾い集める浅野川のスーパーボ
ランティア。季節を問わず、ひとりで黙々と作業しています。

   12月16日ブルーシート

1週間前から川の中の石にブルーシートが引っ掛かかったまま。丁度、川辺
の家の窓の真ん前なので気になっていました。
夕方4時過ぎ、川向こうにスーパーボランティアの車が停まりました。身支
度を整えて川の中へ。常盤橋の上流の浅瀬からごみを拾いながら川の中を歩
いて川辺の家の前まで。ブルーシートを拾い上げました。集めたごみを近く
の石段に置き、ブルーシートは丁寧にたたみなおし。ごみは全部車まで運ん
で持ち帰りました。
目障りなブルーシートがなくなって流れはすっきり。いつも本当にありがと
うございます。
Category: 川辺の風景

『大家さんと僕』

大家さんと僕 IMG_5365.jpg

お笑い芸人の矢部太郎さんが描いた『大家さんと僕』を読みました。矢部さんが出ているテレビ
番組は見たことはないのですが、ベストセラーで話題になっていたので図書館に予約。人気が高
く3ヶ月待ちました。
深窓の令嬢がそのまま87歳になったような大家さんと、弱々しいげど自分の視点を持っている矢
部さん。ひとつ屋根の下で暮らし始めた二人のやりとりが可笑しい。矢部さんというフィルター
を通して描かれる大家さんの言動。時代に流されていない分だけシュールではありますが、わた
したちに何か大事なことを思い出させてくれます。
山本甲士『ひかりの魔女』のひかりさんや大家さん。最近おばあさんブーム、来てない?
Category: その他



鈴見橋と常盤橋の間の浅瀬に鮭の死骸が横たわっています。水面に
出ている石を伝って側まで行ってみました。体長70cmぐらいの大
きな鮭。目のまわりと尾の方の身はすでに食べられています。
浅野川で遡上中の鮭の姿がYouTubeでも紹介されていました。ここ
まで上がってきて命尽きたのか、上流から流されてきたのかはわか
りませんが、本当にいるんですね。
小橋堰など浅野川に数ヵ所ある堰堤には鮎の遡上のための魚道が設
けられているそうです。
鮭のちゃんちゃん焼きはセオくんの大好物。そのうち地物・獲れた
てで作れたりしないかなぁ…。
»